お手軽に脱毛できる!脱毛クリームとは?

脱毛クリームとは

自宅でムダ毛処理を行う場合、まず最初にチェックしたいのが価格です。
あまりにも高額な方法は、いくら優れていても利用し続けるのが難しくなります。
コストパフォーマンスの良い方法を選ぶことができれば満足度も上がりますので、コストパフォーマンスを重視して選びたいところです。

 

急に脱毛がしたくなった時、あるいは急に脱毛することが必要になった時、多くの方は多くの方はシェービングか、
脱毛クリームを使うか、脱毛ワックスを使うかの三択になるのではないでしょうか。

 

 

 

定期的に脱毛サロンや医療クリニックに脱毛に通ってる方でも、 生理になってしまって通えない期間が長くなってしまったとか、
思ったような効果が出ないまま終わってしまったという方もいるでしょう。

 

 

 

その場合、肌を傷めずに比較的簡単に綺麗に脱毛できるのが脱毛クリームでしょう。
シェービングも最も早く終わり、コストも最もかからなく、人によってはこれしか考えられないという方もいるかもしれません。

 

 

脱毛クリームの場合、商品は安価ですので使い続けるのも難しくはありません。
しかも効果にも優れていますので、自己処理方法では定番になっています。

 

 

その優れた方法である脱毛クリームとは、アルカリ性の化学物質によってムダ毛のたんぱく質を分解して取り除く方法です。
太いムダ毛でもしっかりと浸透させることができれば、スムーズに処理できる方法です。
処理を行った後は毛先が丸くなりますのでチクチクしません。
毛根から引き抜く方法でないわりには長く効果が持続されますので、痛みのない方法で処理を行いたい時に便利です。

 

 

脱毛クリームに含まれるアルカリ性の化学物質で溶かすのはたんぱく質ですのでムダ毛にはもちろん有効ですが、
肌もたんぱく質でできていますのでダメージを負うことがあります。
脱毛クリームを使う時にこれがネックとなり、肌の弱い人は敬遠することがあります。

 

しかし、最近では保湿成分や潤い成分がたっぷりと含まれている脱毛クリームもどんどん開発されていますので、正しい商品選びをすれば肌トラブルは起きません。
何度も繰り返し起きているという場合は刺激となる成分がたくさん含まれている商品を購入している可能性があります。
肌に合う商品、合わない商品は人によって異なりますので、人の意見に左右されずに自分の肌状態を見ながら判断することも大切です。

 

 

自分に合うものが見つかれば、非常に多くのメリットが得られます。
ムダ毛の再生は遅いですし、伸びてきた毛もチクチクしませんし目立ちません。
背中のように広い範囲を処理する場合にもあまり時間がかかりませんし、痛みは全くありません。
何度も行っていくうちにどんどん毛穴が閉じて肌のキメが整うこともありますので、毛穴の開きで悩んでいる時にも利用したい方法です。

 

ムダ毛を無理矢理引き抜いたり、除毛で済ませて常に毛穴の中にムダ毛がある状態にすると、
毛穴はなかなか閉じることができずに毛質が太くなってしまうことがあります。
それを回避できるのが脱毛クリームであり、肌を美しくすることができます。
処理時間が短く済むのも、忙しい人にとって大きなポイントです。

脱毛クリームの効果が知りたい

脱毛クリーム 効果

脱毛クリームは家庭用の処理用品で人気の高いグッズです。
脱毛という名前はついていますが、除毛と脱毛の中間といった位置づけです。

 

剃るだけではムダ毛の先端が平らになってチクチクしますし、手触りも良くありません。
しかし、脱毛クリームならムダ毛を溶かすことで取り除きますので、先端が丸くなって手触りが深いではありません。

 

また、脱毛効果がやや長持ちする点も重要なポイントです。
剃っただけでは表面に出ている部分をカットしているだけですので、すぐにまた生えてきてしまいますが、
脱毛クリームは毛根に近い部分まで有効成分を浸透させてムダ毛を溶かしています。

 

ムダ毛を溶かせるのはアルカリ性の化学物質が含まれるためであり、アルカリ性の化学物質はたんぱく質を溶かす作用を持っています。
ムダ毛は主にたんぱく質でできていますので、脱毛クリームを使えば簡単に処理が行えます。

 

痛みも全くありませんので、脱毛が苦手だという人でも脱毛クリームは利用できます。

 

効果のもちかたを見てみると、除毛よりはかなり長く持続されますので、頻繁に処理を行うのを避けたい時にも向いています。
しかも、処理を行いたい場所に塗って一定時間放置してから取り除くだけですので、誰でも簡単に迅速な処理を行うことができます。
急いでいる時にも便利な方法であり、その効果の高さは既に多くの人が実感しています。

 

 

脱毛クリームの場合、一つだけ注意しなければならないとしたら、含まれている成分です。
成分によっては肌に刺激を与えるものもありますので、自分が特定の成分に反応してしまうことが分かっている場合にはチェックをしておくと便利です。
また、過去に脱毛クリームを使って問題が表れた場合、それに何が含まれていたのかを把握できていれば、次に選ぶ時にその成分を避けることができます。

 

 

最近では安全性に優れ、肌への浸透率も高い優秀な商品が続々と登場していますので、自分の肌質に合った商品を選ぶことはそれほど難しくはありません。
保湿成分や潤い成分などの肌を美しくする成分も多くの商品に含まれていますので、敏感肌の人であっても選びやすくなっています。
それまで除毛で済ませていた人が脱毛クリームの効果の高さを知ってしまうと、もうカミソリやシェーバーでの処理の戻ることができなくなります。
手間がかからず費用的にも500円程度のものから用意されていますので、総合的に考えても非常にメリットの多い方法です。

【おすすめ】脱毛クリームランキング

脱毛クリーム ランキング

脱毛クリームは毛根に作用するのではなく、皮膚の表面に出ているムダ毛を取り除く効果があります。

 

人気の脱毛クリームに配合されている主な有効成分は、タンパク質を溶かすチオグリコール酸カルシウムやチオグリコール酸です。
5分から15分程度クリームを塗っておくと、その部位のムダ毛が溶かされて除去されます。
これらの成分は、医薬部外品の指定成分であり、毛髪の成分であるケラチンを分解します。
ただしケラチンは肌の角質層にもある成分なので、脱毛クリームは肌の角質も少しだけ溶かします。
そのためクリームを塗布後の待ち時間は、しっかり守るようにします。

 

その他、脱毛クリームには、美肌効果の高いハーブエキスなどが複数配合されていることもあります。

 

 

おすすめランキングで上位にある脱毛クリームは、美肌成分が豊富に入っているパイナップル豆乳除毛クリームです。

 

女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンが入っている他に、7種類のハーブエキスが配合されています。
チオグリコール酸カルシウム特有の不快な臭いをコーティングしたため、無臭です。
顔やビキニライン、ワキにも使用できるという特徴があります。

 

次にエピサラも、おすすめランキングの上位にある人気の脱毛クリームです。
有効成分はチオグリコール酸カルシウムで、その他10種類の植物エキスが配合されています。
ただし顔とデリケートゾーンには使用できません。

 

またセシルマイアインバスリムーバーは、短時間で処理できる脱毛クリームです。
チューブの先がスポンジパフになっており、中央からクリームが出ます。
特有の臭いがカットされているため、浴室などの密室でも利用できます。

 

その他、ラブリーゾーンヘアリムーバーは、デリケートゾーン専用に開発された脱毛クリームです。
デリケートゾーンの他、腕や脚にも使え、剛毛の場合でも利用できます。

 

マーガレット・ジョセフィン・ジャパン ディサヘアクリームは、スキンケアも同時にできるおすすめ脱毛クリームです。
コラーゲンやヒアルロン酸の他に、ゆずセラミドなどの美容成分が配合されており、除毛後の肌荒れを防ぎます。
香料をはじめ、鉱物油やパラベンなどの添加物は一切含まれていません。

 

ディーレジーナ・エピ・プレミアムもランキング上位の脱毛クリームで、産毛から剛毛まで対応しています。

 

その他、クリームではありませんが、脱毛石鹸も洗うだけで除毛できるという手軽さから、人気が高まっています。

 

脱毛クリームは薬局でも買えます。

脱毛クリーム 薬局

ではこの脱毛クリームがどこに売ってるかと言いますと、薬局で売っています。
ただしその薬局によって、多くの種類を揃えている所と、2〜3種類程度しか揃えてない所があります。

 

その薬局、店舗によって違いがあります。自分で行ける範囲の所に実際に行ってみて、どのような種類の物を取り扱っているかチェックしておくと、
いざという時に慌てないですみます。

 

ちなみに、脱毛クリームではなく除毛クリームという名前の物もありますが効果的には同じものです。
実は除毛クリームという呼び方が正解なのですが、一般的には脱毛クリームと呼ばれています。

 

 

その除毛クリームなり脱毛クリーム形を使ってみるとわかると思いますか、クリームを塗ったところの毛が溶けるような感じで、
皮膚から剥がれるような感じがすするでしょう。

 

ですから、実際に使ってみると、除毛クリームという呼び方のほうがぴったりだと感じるでしょう。

 

 

そして、どのような脱毛クリームがよいのかということに関しては、事前にネット検索をして情報を仕入れておくとよいです。
気に入ったものがあれば、その商品の名前とお値段を覚えておくと良いでしょう。
薬局にそのクリームがなくて他の物を購入しようという場合に参考になります。

 

 

なお、薬局によって、取り扱っている脱毛クリームの種類に差がありますので、ネットで探したクリームを置いていない可能性もあります。
どうしても、こだわるのであれば、最初から電話をかけて、自分の欲しい脱毛クリームがおいてあるかどうかを問い合わせておくとよいでしょう。
無駄足を避けることができます。

 

 

また、電話でお問い合わせするのあれば、取り扱っているクリームの種類と、一番人気のクリームがどれかを聞いておくと参考になるでしょう。

 

脱毛クリームの正しい使い方を伝授

脱毛クリーム 使い方

自宅でムダ毛処理を行う時、スピーディーに処理が行えて費用的な面でも優れている脱毛クリームを使う人が多いようです。

 

一気に広い範囲を処理するのも簡単ですし、処理を行った後のムダ毛は先が丸くなっていますのでチクチクとした不快感を感じることもありません。
一度処理を行えば間隔もある程度は空けられますので、効果の面から見ても優秀な方法です。

 

 

脱毛クリームを使う場合、正しい使い方をマスターする必要があります。
まずは準備として肌を清潔な状態にするために水気のあるタオルで拭いたりシャワーを浴びます。
もっとも安心なのはお風呂上りに使用することですが、その場合はお風呂から出て数十分程度はあけなければなりません。
その後、肌をしっかりと乾かしたら脱毛クリームを塗っていきます。

 

塗る脱毛クリームの量ですが、ムダ毛がしっかりと隠れるくらい塗らないと処理残しが発生してしまいます。
少し厚めだと感じる程度がちょうど良いので、多めに塗るような気持ちで肌に乗せていきます。

 

処理を行いたい箇所にまんべんなく塗ったら、一定時間そのままにします。
商品によって放置する時間は異なりますが、一般的には10分から15分程度のことが多いようです。

 

ムダ毛が太いから規定内の時間ではキレイに処理ができないだろうと考えて、勝手に自己判断して時間を延ばしてはいけません。
安全に処理できる範囲の時間が記載されていますので、それをオーバーすると肌トラブルの原因になります。

 

 

待ち時間が終わったら、脱毛クリームが肌に残らないようにしっかりと落とします。
肌に優しいタイプを使っているとしても、やはりムダ毛を溶かすほどの作用がありますので刺激を与える成分が含まれることは間違いありません。
ですから、肌に残ってしまうとトラブルの直接的な原因になりますので、きちんと落とすように気をつけます。

 

 

これが正しい使い方であり、手順としては非常に簡単です。
誰でもコツも要らずキレイに処理できる方法ですので、剃った後のチクチクが気になる人や痛みの無い方法で処理を行いたい人は試してみても良いかもしれません。
非常に使い勝手の良いタイプではありますが、皮膚の敏感な顔やデリケートゾーンには使えないことがほとんどですので、
どのパーツに対して利用できるのかを調べておくことも大切です。
そして、初めて利用する商品の場合には、面倒がらずに処理を行う前にパッチテストを行うことを忘れてはいけません。

 

PR:吉祥寺で脱毛するならこのエステがよかったですよ!